デートの教科書レビュー

好きな女性とデートするときによくあるやってはダメなこと|デートの教科書徹底活用

女性とのデートを成功させるために欠かせないデートの教科書ですが、これまでに一旦すべての章をおおまかにご説明しました。今回から、個別の事例を掘り下げてご紹介していきます。

第1章では、「好きな女性とデートするときの典型的なダメな事例」が紹介されていますので、そちらからいくつか抜粋してご紹介します。

 

酔っ払って電話して、重く取られる

酔っ払って好きな女性に電話して、重く取られるという失敗事例をご存じでしょうか。皆さんも経験がありますか?

ただ、考えてみてください。

もし、相手の異性が、その男性に好意があればそういう電話は嬉しいかもしれませんが、好きではない酔っ払った男性からの電話は、女性にとってはうっとうしいものです。

「そして、重い。」と感じる危険があります。

酔っ払って電話するという経験は、誰しもあるかもしれませんが、酔っ払ても、相手の気持ちを考えるようにしましょう。自分の欲望に負けてしまって電話するのは相手を振り向かせるうえでは、全くマイナスな行動と言えます。

もし、身に覚えがあるのであれば、これからはしないように気をつけましょう!

 

好きな女性に対して余裕が無かった・慎重に行動し過ぎた

さて、次は「好きな女性に対して余裕が無かった」、「慎重に行動し過ぎた」という失敗事例です。自分の好きな気持ちが、相手が自分を想う気持ちより大きくなり過ぎてはいませんか!?

そして、その女性に対して全く余裕が無いという状態は失敗する可能性が非常に高いです。

自分の相手を好きな気持ちが、相手が自分を想う気持ちより大きくなり過ぎてしまう」と、相手もある程度自分のことを好きであればいいんですが、そうでないと、重たいと思われてしまいます。

そして、恋愛においては相手に余裕を持たれてしまうので、相手に主導権を渡すことになってしまいます。恋愛では相手に 「この人は価値が高い」、「手に入りにくい存在」と思ってもらうことが大事です。

こう思ってもらうことが、1つの重要なテーマとなります。

また、相手のことを好きになり過ぎると、自分が全く頼りない男になってしまうのです。女性がして欲しい行動には、

  •  男らしい行動、自分という芯がある主張
  •  「俺について来い」的な、多少強引な行動
  •  いじる、からかうというS っぽい行動

これらを女性は求めているのですが、慎重になってこれらの行動が取れなくなるのです。

 

まとめ

いかがでしたか!?女性との接し方に関する失敗事例をいくつかご紹介しました。
詳細については、さらに本書にてご確認をお願いします!

デートの教科書の評価レビューとモテ活限定特典のご案内

女性を喜ばせる方法やテクニックを学びたい人にピッタリのデートマニュアル。彼女に愛想をつかされないためのデートノウハウが解禁 デートの教科書をレビューします。   デートの教科書の総評レビュー ...

続きを見る

© 2022 【モテ活】彼女の作り方