恋愛メール大百科レビュー

恋愛におけるメールの世界と現実の世界とのギャップについて

第7章では、「いじる、下ネタ、褒める、好意を見せる」を解説してきましたが、第8章では「現実とのギャップ」ということをテーマにメールにおける疑問を解決しています。

 

恋愛メールの文体

今回は、メールの「文体」に関するお話をします。

「文体」というと難しく感じるかもしれませんが、文章の「雰囲気・ノリ」です。どのような文章の「雰囲気・ノリ」でメールを打つのが正しいのでしょうか!?

  • 男らしい?
  • 誠実?
  • 面白い?
  • いじる感じ?
  • 軽い感じ?

 

恋愛で女性に送るメッセージ文章の「雰囲気・ノリ」についての正解

正解は、実際にそのときの女性と接したときに近い感じです。

前回もそのような話がありましたが、重要なことは、「実際に会ったときの印象とズレないこと」です。

直接会っているときは、丁寧で「私」と言っている人が、いきなりメールで「行こうぜ」などというと、そのギャップが気持ち悪く感じられてしまいます。

女性からすると、「メールになった瞬間なれなれしくて、ムカつく。」や「メールでは急になよなよして、きもい。」となるのです。

 

女性との直接コミュニケーションが苦手な男性

このような失敗は、直接のコミュニケーションが苦手という男性に多い失敗です。

大事なことなので恋愛メール大百科の筆者相沢さんは繰り返していますが、「メールは現実」です。直接会話の世界と、メールの世界は、同じ世界のできごとなのです!

そのため、直接会っているときにほとんどしゃべらなかった人間が、メールになったとたん急に絵文字キラキラ、顔文字ごてごて、などのギャップを女性は望んでいません

メールで急に下の名前で呼び出すなどもNGです。気をつけましょう。

「メールも現実」という認識を持てば、ネットでの出会いについても、解は見えてきます。

  1. 基本的に初対面では礼儀正しく
  2. 仲良くなるたびにくだけた口調で

場合によっては、女性のほうから「ため口でいいよ」とか、女性が年下で、むこうからため口できたらこちらもため口にする、などの対応を行ないましょう。

 

まとめ

今回は、「現実とのギャップ」についてお話をしました。

題名だけ見ると、現実の会話と、メールでの会話においてはギャップをつけたほうがいいのではないかと思えるのですが、実際はその逆です。

極力、現実の会話とメールにおいてはギャップを設けないということが正解です。
このことに関するさらなる詳細は本書をご確認ください。

恋愛メール大百科の評価レビューとモテ活限定特典のご案内

あなたは、こちらに興味がない女性に対して、たった一本のメールで女性の心を狂わせることが可能だと思いますか?その答えがここにあります。 恋愛メール大百科 ~彼女のココロを遠隔操作する技術のレビューをしま ...

続きを見る

© 2022 【モテ活】彼女の作り方