恋愛メール大百科レビュー

相手の女性の趣味・嗜好を把握していますか!?

恋愛メール大百科の第4章では、「メールアドレスを聞くタイミング」を解説してきましたが、第5章では「メール派、電話派、LINE派」かということをテーマにメールにおける疑問を解決しています。

 

女性を口説くにあたって

女性を口説くには、入り口段階ではなるべく女性に譲ったほうがよいです。

相手がかなり自分に気持ちがある場合は必ずしもそうではないですが、ほとんどの場合はそうではないですよね。相手の女性が受け入れやすい角度から入っていきましょう。

それゆえ、メールか、電話か、LINEかというのは重要な問題となるのです。

 

相手の嗜好に合わせた場合

相手が「何派」かをあてた場合、メールだと返事がこない子でも、LINEだと来る。メールだと返事が来なくても電話には出る。といったことが発生するのです。

逆に電話や、通話は嫌でもメールが好きという女性もいます。電話派の女性の場合には、電話しやすい時間帯もきちんと聞いて、その時間帯にコールするようにしましょう。

 

メールとLINEの違い

電話かメールかの違いなら分かるけれども、LINEとメールはそれほど違うのかと疑問を持つ人もいるかと思います。あなたもよくご存知かもしれませんが、その違いは「既読機能」ですよね。

メールでは「本当に届いているかな?」「なんで返信くれないのかな?」といった曖昧で捉えにくい部分があります。

これが、恋愛の駆け引きに使われたりするのです。

一方のLINEにおいては、既読機能によってこちらのメッセージが読まれたかどうかが分かります。すると、ブラックボックス的なものはありません。

 

LINEの分かりやすさ

つまり、自分が相手にされているかどうかは、けっこうはっきりわかるのです。

既読になっていないのなら、「メッセージを読んでいないから、返事が来ないのだな。」と、明瞭にわかるのです。

ただ、既読機能がつくことによって、こちらもすぐに返事をしなくてはいけないという、緊急性のストレスを感じることになります。

 

LINEの緊急性

それゆえ、一度やり始めると、チャットのようにテンポよく続くことがあります。ただ、頑張って返事をしているという状態はしんどいですよね。

LINEでは、そのため最後に「そろそろ寝るねー」などのメッセージが送られます。終わりを伝えないと、メッセージを無視したと受け取られかねないからです。

 

まとめ

LINEにおいては、まだまだ恋愛メール大百科で続きが書かれていますが、本記事ではこのあたりでとどめておきますので、ぜひ恋愛メール大百科本編をご覧いただければ幸いです。

恋愛メール大百科の評価レビューとモテ活限定特典のご案内

あなたは、こちらに興味がない女性に対して、たった一本のメールで女性の心を狂わせることが可能だと思いますか?その答えがここにあります。 恋愛メール大百科 ~彼女のココロを遠隔操作する技術のレビューをしま ...

続きを見る

© 2022 【モテ活】彼女の作り方